×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



◎関西の遊び場(イベントルポ編)

うめきたガーデン


2016年10月7日(金)〜2017年3月20日(祝)

【期間中無休/10:00〜17:00】



梅田の真ん中、グランフロントのすぐそばに、
うめきたガーデンが期間限定で登場しました!
ガーデンということで、やっぱりオープンして
すぐの方が花が綺麗に咲き揃っているかな?
とか思って早速行ってみました。



入口はグランフロントから新梅田シティへ向かうときに利用する
地下道入口のすぐ側にあります。
入場料は、一般1000円、小中高生500円です。
会期中に何度でも入場可能なフリーパスは、
一般3000円、小中高生1500円です。
(フリーパスは後日、自分で顔写真を貼るようになっています。)



チケットを購入して、いよいよ入場です。
入ってすぐの場所には、もみじ、いちょう、さくらを
型どった花畑がありました。
みんなの花畑ということで、グリーンサポーターによって
作られた市民参加型の花畑のようです。



このあたりは、綺麗にカラフルに花が植えてある感じです。
一般的な花が多いですけどね。
写真を撮影すると、ほんとすぐ側に
グランフロントがあるのがよくわかりますよね〜。



中央部にあるこの小屋は、花咲く丸太小屋で
屋根の上にお花が咲いていて、中はカフェになっています
そのすぐ側には、「ガレージガーデン」があり、こちらは、
うめきたガーデンのメインガーデナーの石原和幸さんが
2016年英国「チェルシー・フラワー・ショー」で受賞した
ガレージガーデンを再現しています。



花を見ながら歩いていると、
読売テレビの番組内(ten)で蓬莱さんが植えた花もありました。
一番奥まで歩いていくと、幅30mで滝が2本流れている
メインガーデンがあります。
ただ、ここまで歩くと、突き当りになるので、
もう折り返し?!って感じの広さで・・・・折り返します。
コスモス畑のような一角もありました。
ただ、まだ作っている最中かな?という場所もあったりで・・・
徐々に咲いてきていい感じになるのかな?という感じで。



あと、みどりの小径もあり、ここは緑の壁で迷路のような
つくりになっていました。そこには緑の動物が
いくつかいたのですが・・・なんだか、どれも微妙な感じが・・・
完成なのか、これからまだ作っていくのか・・・



出入口付近には、飲食ブースも出店していました。

これですべて見て回ったのですが、やっぱり梅田という場所だからか、
私としては1000円は高い感じがしましたね。
植物園などとは違って、期間限定の
都市型庭園なので、仕方ないのかな?!



うめきたガーデンにいるときに、グランフロントの北館の方に
目をやると、上階のテラスに人の姿が目についたので、
私もグランフロント北館9階にあるテラスガーデンに行って
上から見てみました。全体がよく見えますね〜。
このうめきた2期工事区画の一部だけを使って開催しています。



全体的な私個人的な感想としては、
1000円ということだったので、もう少し広い場所を
想像して行ったのですが、すぐに見て回れた感じでした。
植物園などのように花の名前や説明などもありませんし、
季節を感じるものも少なかったが残念でしたね。
今後、2017年3月20日まで期間中無休で
やっているとのことなので、植え替えなどで
さらに良くなっていくのかどうなのかはわかりませんが・・・。
私が行ったときには、まだ作りかけ?と思う場所や
一部、咲いていない場所もあったりしたので〜。




訪問日 2016年10月11日
作成日 2016年10月16日