×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



◎関西の遊び場(イベントルポ編)

ドラゴンクエストミュージアム


2016年10月9日(日)〜2017年1月9日(月)

ひらかたパーク イベントホール


ドラゴンクエストが30周年!
その特別企画展が「ドラゴンクエストミュージアム」。
東京会場では13万人を動員して、大人気だったイベントが
大阪でも開催されるとのことで、見に行ってみました!
場所はひらかたパーク内のイベントホールです。



チケットの当日券は一般2800円、中高生2200円、
4歳〜小学生1500円で、ひらかたパークの入園料込です。
(私は2500円の前売り券を購入していました。)
入口にはゴーレムとスライムの姿が!
チケットを渡すと、冒険の書が手渡されます。
(館内にトイレはなく、再入場も出来ないので、トイレは済ませから)



いよいよ、入場します。
入ってすぐの部屋では、シリーズT〜]までの勇者の肖像があります。
その一角には「会心の一撃チャレンジ」がありますので、
会場に行く前に、公式サイトで冒険者の登録をし、
サイト内を冒険してレベルをあげてから
行かれたらさらに楽しめるでしょう。会心の一撃チャレンジに挑戦し
モンスターを倒すことが出来たら「討伐完了の証」を
もらうことができます。何もせずに行っても
その場で参加できるようにはなっています。



まず、冒険の回廊があり、
ここでは、30年の歴史について振り返っています。
懐かしいゲームのパッケージも!
そして、次の部屋はオープニングシアターとなります。
(ここから暫くの間は、撮影禁止です。)



30年が集結した新たな冒険がここからはじまります。
シアターでの映像の終了とともに、目の前に飛び込んでくるのが、
新たな冒険の旅、鍛冶屋職人が作った、伝説のロトの装備です。
ここのシーンがこのイベントの中で最も感動的なシーンでした!
そして、ロト伝説の画廊があり、ドラゴンクエストT、U、Vの
ロト三部作に登場する数々のシーンが絵画として展示されています。
そして、巨大な天空城が姿を現します。
(ここからまたしばらくは撮影可能となりました。)

次の部屋は、「ジオラマギャラリー」となっていて、
ドラゴンクエストW、X、Yの
「天空三部作」から名場面をジオラマで紹介しています。
海洋堂さんが制作したという名シーンのジオラマがたくさん!



ゲーム内のどのシーンを再現したものなのか
きちんと説明がなされているので、すぐにわかりやすいですね。



多彩なキャラクターのバリエーションも豊かなシーンが
数々再現されていました。



先に進むと広い部屋(試練の間)へとやってきました。
ここでは、各クエストに挑戦します!
5つの試練を体験してスタンプラリーのようにスタンプを集めます。
すべてクリアできれば、最後に証交換所で「勇者の証」をもらえます。
一部、スクリーンの前で身振り手振りと体を使って
体験しなければいけないものもあったりで、
恥ずかしいものもありましたが、5つの試練をクリアです。
(世界樹に祈りをささげたり、石版パズルをといたり、
スーパーハイテンションを体験したりと内容は様々)



(そして、この先、再び撮影禁止です。)

歴代の黒幕や魔王たちの肖像画の展示をみながら進むと、
「オールスター集結バトルシアター」があり、
バトルの様子が上映されていました。

その先の部屋では「伝説の始まり」ということで、
ドラゴンクエストが作られた時の貴重な資料などが
展示されていました。この30年の伝説の原点。
こんな風に作られていったのかとわかるような手書きのものが・・・。

(再び、写真撮影が可能な場所になりました)

展示はこれで終了。
あとは、「モンスター出張カフェ」と
「あらくれ商人のプレミアムバザー」(グッズショップ)になっています。
カフェではモンスターにちなんだメニューがありました。



入場する時にもらった「冒険の書」の中には、
「勇者のカケラを探せ」というクエストもあります。
場内のあちらこちらの隠れている6つの隠れスライムを見つけて
魔法の言葉を作っておいてくださいね。
それが完成したら、会場出口の手前にある
「証交換所」にて「試練の間」のスタンプラリーと共に
提示して、「勇者の証(写真下中)」と交換してもらいましょう。
どの勇者が出るかはわかりまん。私は主人と2人で行って・・・
重複することなく勇者の証をもらえました
その際、最初の部屋の「会心の一撃チャレンジ」で
モンスターを倒した人は
「討伐完了の証(写真下左)」も一緒にもらい、
これでこのイベントの出口となります。



会場がひらかたパーク内ですので、
このドラゴンクエストミュージアムをみたければ、
ひらかたパークに入場することになります。
私にとっては、何年ぶりかでやってきた
久しぶりのひらパーなので、すこし見て回ることにしました。



私は、アトラクションには乗らずに、パーク内をハロウィーンの
スタンプラリーをやりながら、動物を見たりして
ぐるっと回っただけなのですが・・・



せっかく、ひらかたパークまで行ったので、
アトラクションにも乗ろう〜!
と思っている人は、あわせて「ひらパークエスト」を
楽しまれたらいかがでしょうか?
ひらパークエストは東京会場にはなく、ここだけの限定ですね!

「ひらパークエスト」の台紙が園内においてありましたので、
それを持って、ひらパークエストの
対象アトラクションに乗ってください。
アトラクションの出口にスタンプがおいてありますので
そのスタンプを押して回ります。



クエスト対象のアトラクションには、わかりやすいように
ドラゴンクエストのボードや垂れ幕など
何らかの印がついています。各アトラクションで
スタンプをおしてクエストT、Uをクリアすると、
「勇者認定書」をもらえますので、アトラクションに乗る人は
挑戦してみてくださいね!



私個人的な感想としては、
もうすこし入場料が安ければと思ったのと
あと、遊園地ではなくて、もっと足を運びやすい場所で
単独のイベントとして開催してほしかった気がしますね。
老舗の遊園地内のイベント会場ということで、
会場が少し古い感じもありましたので。ただ、
久しぶりにひらパーに足を運ぶいい機会にはなりましたけどね。
私は、平日に行ったので、とても空いていて、
全体的にゆっくり見て回ることが出来ました。




訪問日 2016年10月13日
作成日 2016年10月22日